-

自動車事故は、自分自身だけの自損事故と他者が関与した自動車事故が存在します。己だけの事故のケースでは、事故対応をしてしまえば終わりとなりますが、他の人が関与した車での事故はそれぞれにどれくらい手落ちがあったのかを確かめて、その状況によって車の修復のお金が和解金の金額等が決まりますので、保険屋さんの担当者を交えながらの調整が不可欠です。多くの車での事故のケースで互いに手落ちがある場合が多くどちらか一方の責任だという場合はほとんどありません。無論信号無視や一時停止しなかったなど違反による事故ならとても大きな間違いになりますが、被害を受けた人にも注意不足があったと指摘されます。事故のケースではどの車の間違いが原因かというのが非常に大切になりますので、これを数字で表した材料が「過失割合」(過失割合)です。例えば、先ほど記述した信号無視や一旦停止無視ケースなら、法律であれば相手の人がすべての間違いがあるように考えられますが事故を起こした自動車が正面から近づいていて目で見て確認できる場面だとすれば事故の被害者でも注意不足があるとして10%ほどの手落ちがあると判断される時もあります。その場合には事故を起こした人が9割自分が1割過失割合と決められ過失が大きいとそれだけのミスが問われたりします。交通事故の過失の割合車の事故の判例を基準に決定する状況が往々にしてあり、日弁連の交通事故相談センターから示されている基準となる表が元として使われます。この過失割合で、数値が高ければ落ち度、結果的に損害賠償額も大きくなると判断されるので事故後の話し合いは当事者だけでなく自動車の保険屋さんの担当者を交えきっちりと相談する事が不可欠です。

Category

リンク