-

カード引き落とし不可のケースが多発している支払いの不履行をしていなくともカード利用料金の口座振替日時点において銀行残高が足りなく、請求額引き落としが出来ないという問題がたびたび起きてしまっている場合にはにはカードの発行会社により『慢性的に債務超過であると推測できる』というように予測してくることで強制退会となる場合があります。

財力は充分あるがついつい忘れて残高不足になったなんていうことを繰り返されても、クレジットカード会社にしてみれば信頼できないというクレジットカード契約者というステータスにされてしまうことがあるから、他社からの借入をしているかそうでないかということは関係なく強制没収という処理がされる場合も事実としてあるので気をつけましょう。

お金にだらしない人間への判断は高くはないのです。

ただの一回でもこういったカード請求額の引き落としが不可能となる問題があると、クレカの期限切れまで利用できたとしても次からの契約更新ができなくなる時ことがあるのです。

それだけ大切なものであると理解し、引き落とし日に関しては絶対に覚えておくようにするべきであると思います。

現金化というものを使用してしまう》クレジットカードのキャッシング利用枠が足りず、もうこれ以上サラ金からもお金を入手できない場合にキャッシュ化というクレジットカードのショッピング額を用いた手段を利用すると、そのことによりクレカの失効させられてしまう例もある。

クレジット発行会社はカード規約の内容で現金化を目的としたクレジットカードの決済というものNGとしているので、クレジットカードの現金化を目的とした使用=契約条項違反=強制退会などということになってしまってもおかしくないのだ。

簡単に経済状況が厳しいからといって現金化というものを使ってしまうと、分割払いの残りについて一括請求等を受けてしまう時がありますので何があっても現金化をしないようにしてほしいものです。

Category

リンク