-

契約店で全ての所有カードが決済可能なのでもない▼クレジットカードの加入店はだいたい複数のクレカの会社とライセンスを結んでいるんですが、残念ながら全部のショップでどれものタイプの使用可能なんではありません。

古いタイプの契約店の際だとJCBの印の付いているそのクレジットカードしか決済不可な状況もあるし、近頃の加盟店舗なんかではVISA、MasterCardのロゴのついているものだけしか使用できない場面もあるでしょう。

銀聯みたいなカード会社の場合、さらに決済できない場面が増えると思います。

何の所有クレジットカードが使えるかをどこで判断したらいいんだろう「ではどうやってどのロゴのクレカが使えるか見分けるといいか?」というときちんとしたことを見るには商店の誰かに聞いてみるのみしかないていうのが実のところ正解。

だが大多数のショップやショッピングモールには加盟店の入口の場所に決済可能なクレジットカードのロゴが書かれた加盟ステッカーが掲示されている理由から、「そうかそのお店ではアメックスが使えるのだな」といったことが困らないようにされているから留意しておいていただきたい。

とはいっても、正しく管理が出来ていないショップで使うときには、ロゴが貼られているショップでも「うちでは何々クレカはお受けいたしかねます」みたいな案内を受けるケースもあるわけでメンツを失うようなこともあるでしょう。

欲を言えばできる限りはより多くの加盟店でクレジットカードが有効であるようにする目的を考えると、別の会社(国際ブランド)がプリントされている一般的なMasterCard、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、等のカードを2、3枚財布に入れておくようにするとよいでしょう(例:ライフカードをいつも使っているならもう一方はダイナースカード契約のクレジットカードを携帯するようにするとする等)。

日本では、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのブランドが入っているクレジットカードをそれぞれ使えるようにしておけば、おおよそ全国の契約店舗で3枚のうち少なくとも1枚のクレジットカードを使うよう準備できていることになります。

クレジットカードを使用して日々ポイント取得を目指すためには、できる限り早めにどんな場面でも支払い可能なカードを使えるようにしておいて損はないと思います。

Category

リンク